MVNOという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。近年、格安スマホが普及する中で、MVNOという言葉を聞いたり目にしたりする機会が増えています。MVNOは「仮想移動通信事業者」の英語の略で、格安SIMを挿したスマホのことを指します。では、キャリアスマホと格安スマホはどのように違うのでしょうか。

MVNOの特徴

まず、MVNOは携帯電話会社から通信インフラを借りることで格安でユーザーに無線通信(格安SIM)を提供しています。本体価格や月々の通信費を見直すユーザーが増え、格安スマホが登場したことでMVNOも中も良くされるようになっています。MVNOの特徴や強みは、何より格安でスマホを使用できることではないでしょうか。スマホが普及していくに連れて高額になっていた通信費をかなり抑えることができるとあって、ユーザーにとっても大きなメリットとなっています。

キャリアスマホとの違い

では、格安スマホとキャリアスマホとの違いは月額料金の違い以外に、どのような点が挙げられるのでしょうか。

本体の価格

SIMカードの通信費や通話料金が安いので節約できるという特徴があるのが特徴でもありますが、スマホ自体の価格が安いのも大きなポイントです。キャリアスマホは高性能な端末も多く、割引があってもなかなか安く購入することができない状況になっています。格安スマホの場合は安い機種もたくさんあるので、幅広い端末の中から自分に合ったものを選ぶことができます。

通話環境の改善

最近になって、かけ放題を使えるSIMカードも増えてきており、ネット環境だけでなく通話環境においても良くなっていると言えます。そのため、大手キャリアスマホから乗り換えるユーザーも増えてきているのも特徴です。また、MVNOでは多くのサービスがオプションとして提供されているため、必要なオプションのみを付けて利用できる手軽さもあります。

ネットで契約・購入できる

格安スマホは、キャリアスマホのように店舗での購入ができない場合が多いです。ネットで契約するのがメインとなります。ただ、家電量販店で取り扱っているものもあるため、チェックしてみると良いでしょう。

まとめ

MVNOやキャリアスマホとの違いについて紹介してきました。現在、圧倒的な安さとかけ放題サービスなどの改善もあって、格安スマホに乗り換える方が増えています。料金プランも自分に合った容量で選ぶことができるので、自分に最適なプランとオプションを組み合わせて利用することができるのも特徴です。格安スマホが気になっている方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。